楽天証券(+楽天銀行)を始めるときに、まずやるべき設定5つ!マネーブリッジ、自動スイープ、ハッピープログラム、ポイントコースの設定方法、自動ログアウト

スポンサーリンク
楽天証券で積立投資
Canape104's photo by photo-ac
この記事は約9分で読めます。

初めて証券口座を開設したら、初期設定をすべきことは証券会社の案内でわかると思います。

でもその後は?初めてだと戸惑いますよね。

ここでは楽天証券・楽天銀行に初めて口座開設した人に向けて、最初にしておいた方が良い設定とそのやり方を、まとめて解説します。

取引前にした方が良い以下の設定は、慣れていないと時間がかかると思います。ぜひこの記事を参照しながらやってみてください。

この記事でわかること
  • マネーブリッジの設定
  • ハッピープログラムのエントリー(申し込み)方法
  • 自動スイープの設定
  • ポイントコース・楽天スーパーポイント口座の設定
  • 自動ログアウトの設定

では早速、楽天証券にログインしましょう。楽天証券・楽天銀行のパスワード変更などの初期設定は、同封の初期設定ガイドに従い済ませておいてください。

自動ログアウトの設定

最初に自動ログアウトです。これは設定は簡単なのですがセキュリティ上必ずやっておくべき設定なので一章設けました。

ログインしたら、まず右上を見てみてください。「自動ログアウト」の文字が見えますね。(「ログアウト」の左)

これをクリックあるいはタップして「ON」にしておけば、30分操作がなかった場合に自動でログアウトしてくれます。

ログインというのは、その操作そのものが本人確認です。ログインをしたままにしていると、万が一のとき他の人に操作されたり情報を取られたりしてしまう恐れがあります。自宅ならそこまで神経質にならなくても大丈夫かとは思いますが、念のためこの機能をONにすることをおすすめします。

さて、これで1/5が終わりです。さくさく行きましょう。

マネーブリッジ

次は取引の要、入出金をスムーズにするマネーブリッジの設定です。これが少し大変です。

マネーブリッジとは

マネーブリッジとは楽天銀行と楽天証券の二つの口座を繋いでくれる「口座連携設定」のこと。

この設定を行えば、楽天銀行の金利が0.1%にアップします。また証券口座への入金がATMでもできるようになりますよ。

楽天銀行は口座開設から3ヶ月目までなら、ATM手数料が月5回まで無料です(スーパーVIPなら7回まで)。他にインターネットバンキングを持たない人でもこれで簡単に入金ができますね。

ちなみに4ヶ月目以降はゆうちょ銀行の登録をおすすめします。これは後日記事を書きます。

マネーブリッジの設定方法

マネーブリッジは、以下から設定することができます。

まさか「注文」「設定・変更」「サイトマップ」「サポート」の並びとは!私は最初メニューバーの「口座管理」や「入出金」をめちゃくちゃ探してしまいましたよ。

これを選択すると以下画面が表示されます。赤枠の「マネーブリッジ申し込み」を選択しましょう。

次に以下の画面になるので楽天銀行に移動します。
楽天銀行にログインしていない方はログイン画面になりますのでログインしてください。

設定は、楽天銀行の方から始まります。まずは内容と注意事項の確認から。ただ読んで確認するだけです。
「規定の確認」は頭の四角にチェックを入れるのかと思いきや、ただ利用規約を読んでねという見出しみたいなモノ。利用規約を確認すればOKです。

もっと下に行くと、やっと「同意します」のチェックボックスが出てきます。
チェックをしたら暗証番号と生年月日の入力。

暗証番号は下のセキュリティボードを使用するとより安全です。上の画面なら、0を打ち込みたければその下の”x”を、1を打ちたければ”c”を、という具合に押して入力します。
最後に生年月日を入力し、なぜか小さい「申込」ボタンを選択。(誤タップ防止かな?)

すると楽天証券に帰ってきます。次は楽天証券の設定に移るので、またログインの必要があります。

ログインすると楽天銀行と同様、以下のマネーブリッジ申し込み画面になります。
こちらでも規約と個人情報への注意に目を通し、今度はチェックボックスにチェックを入れます。

楽天証券の設定はたったこれだけです。
受付完了の画面になったら成功。

もう一度、今度は自動で楽天銀行に移ります。
楽天銀行でも、受付完了の表示が出たら晴れて申し込みが終了です。

「ハッピープログラム」のエントリーがまだの人は続けて設定しましょう。

ハッピープログラム

ハッピープログラムとは、ざっくり言うと楽天銀行の何をするにもいちいちポイントがつくポイント制度です。

楽天証券の投資信託を持っているだけで残高10万毎に毎月4ポイントもらえたり、出入金や振込み・振り込まれなどの時にもポイントに。ポイントがつく対象サービスはこちらから確認できます。

以下のようにいくつかランクがあり、要件を満たすともらえるポイント数が増えたりATM手数料などの無料回数が増えたりします。

資料:楽天スーパーポイントが貯まって使えるハッピープログラム|楽天銀行

とにかくエントリーして損は何もないので、早めにこの制度に申し込みをしましょう。

ハッピープログラムのエントリー(申し込み)方法

先程の画面で「ハッピープログラムのサービス詳細」を選択します。以下画面が表示されるので右下の赤枠「ハッピープログラムにエントリー」を選択するだけです。

すでにエントリーをしている人がこのボタンを押すと以下のような画面になります。エントリーしたかどうかがわからない人はとりあえず押してみてください。

中には「楽天会員のリンク登録」をしなければならないと聞いた人もいるかもしれませんが、楽天会員のリンク登録=ハッピープログラムのエントリーです。ちょっとわかりにくいですね。

自動スイープ(自動入出金)

次は自動スイープの設定です。これは設定というより確認に近いかな。

自動スイープとは

自動スイープとは、ざっくり言えば楽天銀行と楽天証券の口座を同一のものと考えて扱えるようになるサービスです。

設定すれば「楽天銀行⇔楽天証券」の出金・入金を自動で行なってくれるようになります。
楽天銀行は、普通預金に預けているだけで0.1%の利息がつきますよね。でも楽天証券の口座にあるお金には当然のことながら利息がつきません。

自動スイープは、楽天証券側で(積立設定日など)必要になった時に自動で楽天銀行の口座からお金を引き出してくれます。反対に、楽天証券の口座に余剰資金があれば毎営業日の夜間(22時頃)に楽天銀行に戻してくれます。

もちろん設定すれば、証券口座側にいくら残すとか、銀行側にいくら残す(つまり証券取引で使いすぎなくて済む)とかの設定もできます。ハッピープログラムのランクを保つため、私は銀行側に100万残す設定をしています。

もう一度ハッピープログラムの表を出しておきましょうか。100万預けていれば上から二番目「VIP」になるのでポイントが3倍になりますね。これが狙いです。ATM手数料も月5回まで無料になります。

自動スイープの設定方法

楽天証券では、マネーブリッジの設定をしたらこの自動スイープも一緒に設定されます。ただしマネーブリッジは設定手続きに少し時間がかかるため、自動スイープが設定済となるまでにも同じくらい時間がかかります。

マネーブリッジが証券会社側でも設定完了したら、その旨メールが届きます。メールが届いてから確認すると、下の画像のように両方とも「設定済」になっています。

私のように銀行口座に100万残す設定をするなら、上図の赤枠「変更する」を選び、次の画面で右側①に100と入力します。

②暗証番号を入力して③「設定変更」を選べば設定完了です。

ポイントコース設定

これが最後の設定です。がんばりましょう!

楽天証券には二種類のポイント制度があります。初期設定は証券ポイントコースですが、楽天スーパーポイントコースの方が特典が多いので最初に変更をおすすめします。

2つのポイント制度の違い

どちらのポイントコースでも、1ポイント1円が基本です。

証券ポイントが利用できるのは、投資信託の買い付け又はJALのマイルとの交換のみ。交換レートは「楽天証券ポイント35ポイント=JMBマイル10マイル」。有効期限は2年ですが延長ができません

楽天スーパーポイントは投資信託に買い付けできる他、楽天グループ各社や提携先で広く使用することができます。楽天EdyやANAのマイルへの交換も可能で、マイルの交換レートは「楽天スーパーポイント2ポイント=ANAマイル1マイル」。こちらの方がJALよりレートも良いですね。

有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めた1年間。つみたてNISAなどの積立投資を行うのであれば期限の心配はほぼいりません

そして楽天スーパーポイントコースでポイントを(一部でも)使用して500円以上の投資をすると、翌月に楽天市場の買い物が+1倍になる特典まであります。

ポイントコース設定の変更方法

では変更してみましょう。「設定・変更」から「ポイント・友達紹介」を選んでください。

以下の画面になります。
「コース変更する」を選択しましょう。

すると楽天会員のへログインを求められます。
ログインしましょう。

以下のように口座確認がとれますので、取引暗証番号を入力し「変更」を選択。位置が下の方にあるのでちょっとわかりにくいです。

終了。
これで楽天スーパーポイントが利用できるようになりました。

指示通りウインドウを閉じると、ポイントコース設定に「楽天スーパーポイント口座番号」の欄が新しく表示されます。

次は楽天スーパーポイントの口座を統一しますので赤枠の「口座番号を変更する」を選択しましよう。

楽天証券を含む楽天グループ各社で発生したあなたの楽天スーパーポイントを、総合口座として同じポイント口座に貯めることができます。この設定により、楽天スーパーポイントを証券取引にも使用することができるようになります。

「口座番号を変更する」を選択すると以下の画面になります。
これで楽天スーパーポイントの総合口座ができました。

これで全ての設定が終わりました。

さいごに

楽天グループで積み立て投資を始めるのは大変おトクで便利ですが、始めるまでの設定は少し煩雑かなと思います。

取引に早くとりかかれるよう、この記事を活用してもらえたら嬉しく思います。

関連記事です。

つみたてNISAを続けて設定する場合は以下の記事からどうぞ。

楽天銀行への入金はゆうちょ銀行を登録しておくと大変手軽になります。登録には少し時間がかかりますので早めに手続きすることをおすすめします。

詳しくは以下の記事で解説しています。

楽天グループで積立投資をすると、ここまで書いてきたもの以外にも様々な特典があります。以下の記事ではその特典と申し込み手順をまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました