老後資金を積み立てる証券会社を選ぶポイント

スポンサーリンク
ゼロからの老後資金づくりの始め方
gontora's photo by photo-ac
この記事は約9分で読めます。

前回は証券口座を開設する前に知っておきたい税金のことを網羅的に解説しました。

これで準備完了ですね。
つぎは証券会社を選びましょう。iDeCoとつみたてNISAでの利用を中心に解説します。

更新履歴:SBI証券の受給方法改善について追記(2019年11月18日)

証券会社を選ぶポイント

さて、iDeCoはつみたてNISAと違い、「年金」制度のためいろいろと手数料がかかります。

つみたてNISAは非課税であること以外通常の投資とあまり変わりませんが、iDeCoの場合はあくまで将来「受給」するための「年金積立」。掛け金に対しても「拠出」という言葉を使います。どちらも積立投資に向いているという共通点はありますが、基本的には別の枠組みにある制度です。

永積キクコ
永積キクコ

iDeCoは年金制度、つみたてNISAは純粋に投資のための制度なんです

iDeCoに加入するためには、金融機関に初期費用(各社ほぼ横並びで2,829円)、そして毎月の口座管理手数料(いろいろな運営機関に支払うんですって)を支払わなければなりません。

口座管理手数料は最安の金融機関で171円、高いところでは629円。毎月支払うにもかかわらず、その差は1ヶ月458円、20年間続けると約11万円にものぼります。

安いのは、やはりネットの証券会社です。銀行などの窓口で相談するのはおすすめしません。

そもそも長期の積立投資が広がってきたのはここ十数年の話。それまで投資信託といえば、手数料のために窓口でしょっちゅう商品を変えさせる(変えることをすすめる)といった手法が実際にまかり通っていました。

確かに投資信託って騙されそうなイメージあったかも

現在は多少変わってきているとは思いますが、やはり銀行、そしてネット証券でない証券会社のほとんどは手数料が高いです。上述の費用が安い場合にも、取り扱っているファンドの信託報酬が高めの設定になっています。少なくとも、ネットで話題になる実質コスト最安値のファンドなどの取り扱いはとても少ないです。

こうしたコストは、特に積み立て投資においては将来の成績に小さくない影響を与えます。

まずは口座管理手数料が最安である金融機関を選びましょう。その中でファンドのラインナップが良く、特に本数が多いと言えるのは以下3社です。

会社:取り扱い本数

ただし本数が少ない金融機関が必ずしもダメなわけではありません。選択肢が少ない方がよくわからない人には選びやすいですから。しかしここでは後日選ぶポイントを丁寧に解説しますので、本数の多い会社を選ぶことをおすすめしています。

次章ではこの中でも特に本数の多い、SBI証券と楽天証券について次章で解説します。

iDeCoの証券会社選びは出口にも注意

SBI証券は一見取り扱い本数が多いですが、実はiDeCoのラインナップは35本までという本数制限があります(制度開始時にはなかったのですが途中から制限されました)。

ですからSBIでは二つのプランのうちどちらの口座を開設するのか、まずプランを選ぶ形を取っています。異なるプランに変更する場合は「移管」となりますので、証券会社の変更と同じような手続きや手数料がかかります。

実はSBI証券にはもう一つ注意点があって、出口が大きく制限されています。他の会社は一時金として一部をもらい、年金として5〜20年ほどかけて小刻みに取り崩すといった柔軟な受け取り方ができますが、SBIは一時金か年金、どちらかだけ。しかも年金を選んでも給付期間が5年か10年という二択です。

他サイトでiDeCoは30本以上を取り揃えるSBI楽天、とよく書かれていますが、上記理由によりSBIは私はおすすめできません。

追記:SBI証券の受給方法が改善されました。詳しくは以下記事を参照。

60歳(あるいは運用期間を延長して70歳)を迎えたときに社会や税制がどうなっているか、そしてあなたがどうなっているのか誰にもわかりませんよね。選択肢は多くしておくに越したことはありません。

それでもSBI証券で十分だと思える方で、Tポイントのヘビーユーザー、携帯がソフトバンクの方などは検討すると良いでしょう。プランはセレクトプランがおすすめです。

SBI証券のiDeCo申し込みはこちらから。

SBI証券はソフトバンク系のユーザーにおすすめなのね

うちは楽天証券を利用しています。業界二位と思われるiDeCoのラインナップに今のところ申し分ありません。

iDeCoはあまり儲からないのか、長いこと運用するにも関わらずiDeCoの運用特典というのをまず見かけないです。しかし、私の知る限り唯一特典があるのも楽天証券。(正確にはauにもありますがラインナップが5本なので検討に値しません。)楽天銀行からの引き落としで拠出毎にポイントがつきます。

しかし実は、楽天証券の本領はつみたてNISAです。

楽天カード引き落としで積立額の1%ポイントが貯まる楽天証券は、今のところつみたてNISAでぶっちぎりで一番おトクです。拠出するだけで年間40万×20年×0.01で、なんと8万円のポイントになります。

楽天のポイントは投資にも利用可能なのでほとんど現金みたいなものです。

つみたてNISAにも利用できますし、つみたてNISAとiDeCo以外にも投資したい(あるいはしたくなった)場合には、ポイントを複利として一緒に積み立てに使うと複利効果を高められますね。

証券会社は各社特色がありますが、積立投資に強いのが楽天証券の特徴です。ネット証券大手だけありラインナップにも隙がないので、つみたてNISAのおすすめは楽天証券一択です。

楽天証券の口座開設はこちらから。

おトクな制度をやっているということは、それだけNISAに力を入れているんだね

永積キクコ
永積キクコ

その面からも楽天証券は本当におすすめです

詳しくは後日説明しますが、つみたてNISAを設定する際「増額」(その年の、過ぎた月分を残りの月に均して上乗せ)ができるのも今のところは楽天証券だけのようです。

なぜこれだけ楽天証券を推すのか、以下の記事を読むとよくわかってもらえると思います。SBI証券派だった投資ブロガーが楽天に鞍替えしている話は最近多いです。

NISA口座は40年後まで考えてから作ろう

つみたてNISAの口座(NISA口座)もiDeCoと同じく一つの金融機関でしか作れないので、実は検討を始めたときには夫婦別々の証券会社にしたいと思っていました。しかしそこにはちょっと問題が。

それは相続です。

つみたてNISAの積み立て期間は20年。20年目の積み立て金は、以下のように今からだと39年後までの非課税期間となります。

資料:つみたてNISAの概要(金融庁)

夫婦でやるなら非課税期間終了時にはどちらかが既に生きていない可能性、大いにありますよね。相続の際は対象金融資産を置いている機関の口座でしか引き継ぐことができず、さもなければ一括で売り払うしかありません。

しかし一括で売り払うのは、一括で買い付けるのと同じくらいリスキーです。リスクヘッジの基本は分散そして少しずつ取り崩すことにより、複利効果もそれだけ長く生き残ります。

いざ相続というときに口座開設から始めるのはちょっと現実的に苦しいですよね。ですからつみたてNISAの口座を作るなら、夫婦でその会社の口座を持つのがおすすめです。

つみたてNISAを老後資金として考えたら、配偶者の口座を引き継げるよう考えておいた方が良いのね

ちなみにiDeCo(個人型確定拠出年金)の場合は年金という性質上、名義人が死亡すれば一括で受け取るしか方法はありません。これは企業型の確定拠出年金も同様です。

そんなわけで、どうせ口座を作ることになるのなら最初から同じ証券会社のがいいやと考え直しました。それに管理もしやすいですし、楽天証券のポイントはやっぱり魅力的ですからね。

楽天証券に決めたら、以下から楽天銀行と同時申し込みをした方がおトクなキャンペーンの対象になります。この2つの金融機関は合わせて使うと特典が多いので、ぜひ一緒に検討してください。(私は後から銀行を申し込むことになり2,000円損をしました。どうか二の舞にならないように!)

楽天証券で口座を開設する

後悔しないためには、まず始めること

資産運用は余剰資金で行うことが鉄則です。

しかしながらつみたてNISAとiDeCo、どちらの制度を使っても減額・増額や積立の一時休止は容易です。とくにiDeCoは早めに、つみたてNISAは40代なら少額でもとにかく始めることをお勧めします。

永積キクコ
永積キクコ

特にiDeCoは早く始めなかったこと、本当に後悔してます

なんでそんなに遅くなったの?

永積キクコ
永積キクコ

書類がよくわからなくて面倒だったから、ついつい先延ばしにしちゃったんです。まさかそのまま二年も経つとは…

実はインデックスファンドに興味を持ってから数えると5年は先延ばしにしてます。本当にアホだわ。

でもこうした先延ばしはとてもよくあることらしいので、とにかく始めるって本当に大事ですよ。時間を味方につけるために、面倒でもどうにか立ち向かっていきましょう!

次回はアセットアロケーションを決めるために、余剰資金の考え方と、各金融資産(資産クラス)の基本的な性質から解説していきます。

関連記事です。

楽天証券の利用を検討するなら、以下の記事は要チェックです。特典を整理し、おトクな申し込み手順を解説しています。

iDeCoはどのファンドにするかを先に決めるのも手です。基礎知識が既にある人はおすすめラインナップから見てみるのも良いですね。

以下は地域分散型のおすすめ記事です。アクティブ/集中型のおすすめはこちら。

 

参考・参照:
iDeCoの概要 |厚生労働省
個人型確定拠出年金ナビ(iDeCoナビ)~イデコ加入ガイド~
2016年10月株式会社SBI証券SBI証券個人型年金プランに関する説明書
個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ) | 楽天証券
個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ) │ マネックス証券
相続が発生したらNISA口座はどうなるの? | プロがやさしく解説する税金専門メディア
個人型確定拠出年金(iDeCo)の給付 | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

 

ゼロからの老後資金づくりの始め方シリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました