つみたてNISA、残高不足で引落しできずに買付されなかったときの対処(楽天証券)

スポンサーリンク
楽天証券で積立投資
acworks's photo by photo-ac
この記事は約4分で読めます。

いやー、焦りました。

突如舞い込んだ「投信積立の買い付け注文が実施されませんでした。」のメール。え?そんなはずは…ある!この間自動スイープで銀行側に100万残す設定したからだ!

残高は十分あっても、自動スイープ設定で銀行側に「これだけ必ず残してね」と設定したから証券会社側が引き落としできなかったんですね。

皆さま、自動スイープ設定をするときは気をつけましょうね。くれぐれも。

ということで、私みたいなうっかりが一度はやるであろう残高不足で積み立てられなかったとき、つみたてNISAではどうずれば良いのかお伝えします。

エラーの理由を確認しよう

まずはなぜエラーになったのか確認しましょう。

楽天証券にログインして、メニューから「NISA/つみたてNISA」を選び「照会・訂正・解除」を選びます。

次の画面で以下のように「履歴」の表が出てきますので、エラーのあった設定の「履歴」を選択。

すると下の方に、注文を実行しようとした日とその結果が載っています。やはり残高不足ですね。まぁわかってたけど。

三回やっちまうと自動的につみたてNISAの設定自体が解除されますのでお気をつけください。残高不足が起きにくいという面でもクレジットカード払いは優れてますね。

つみたてNISAの設定を変更しよう

28日より前の場合

買い付けの失敗がわかったとき、翌営業日が28日以前であれば積立日の変更をしましょう。その月の積み立てにまだ間に合わせることができます。

以下の記事でつみたてNISAの設定変更について詳しく解説していますので参照してください。

通常の積立日変更と異なるのは、最後に出てくる設定適用開始日の確認です。とはいえ非常に焦っていたために、その時のショットを取れなかったので画像を再現しました。(焦りすぎ)

上記は失敗した6日中に、積立指定日を8日に設定変更した場合です。(既に一度7日に訂正した後だったので、仮に8日に再変更する設定で元画像を撮りました。)

変更の際は必ず設定訂正締切日までに残高不足を解消できることを確認して、設定変更を実行しましょう。もちろん28日以内でね。私はこの後すぐに自動スイープ設定を変えました。

念のため、変更した積立指定日に注文が執行されているか確認してみます。

無事に執行されてますね。ふー良かった。

28日を積立指定日にしていた場合

もし28日〜31日に「買い付けできなかったよ」とメールが来たら、上述の手は使えません。翌営業日が29日以降の場合も同様です。29〜31日は積み立てをしてくれず、つみたてNISAはスポット注文もできないからです。

でももし12月でなければ大丈夫。つみたてNISAの増額設定を変えましょう。今月分を来月からの積立金に均して上乗せすることができます。

先ほどと同じように設定変更を試みると、以下のように増額設定の変更ができる画面が出てきます。青枠の増額可能額(目安)の金額が始めに設定したときと変わっているのではないでしょうか。

増額可能額が変わっていたら、それに倣って赤枠の「増額金額」を変えましょう。必要に応じてボーナス設定も変更してください。

増額可能額が変わっていなければ、もしかしたらつみたてNISAの設定を一度解除する必要があるかもしれません。少し時間を置けば変わるのかもしれません。(この辺りは私は挑戦していないので言い切れず申し訳ないです。)

11月の積立日を逃した場合は増額では対応できませんので、ボーナス設定を使って12月にふた月分引き落とす設定にしましょう。

つみたてNISAの設定解除は「照会・訂正・解除」からできます。

解除したら新規設定をしましょう。新規設定の方法は以下の記事で解説しています。

ところで12月に買い付けを失敗し、翌営業日が29日以降の場合。これはもうどうしようもありません。今年は限度額までの積み立てができないことを受け入れるしかないと思います。

まとめ

買い付けができなかったとなるとドキッとしますよね。私も画像を取り忘れるほど焦りましたが、対処は大したことありません。

とはいえ何度も繰り返したくないものですね。当たり前ですが残高には十分注意して積み立てていきましょう。

 

参考・参照:
【投信積立】積立日は自由に決められますか?|よくある質問|楽天証券
よくあるご質問 | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました